PV3

前回のNew PC!のエントリーからほぼ一ヶ月が経ってしまいました…。

というわけで、新PC導入に至った経緯などを…。

まぁ、もともと前のメインPCが4年ほど前のPC(北森Pen4 2.8GHz)で、特に動画エンコード関連で速度的に不満があったのですね。
でもすぐに買い換えるつもりは無く、「まぁ今年の冬あたりに買い換えるっかなぁ~」くらいの気持ちだったんですが…。

んで、新宿で時をかけてきた日、秋葉原にも寄ったのですが、そこで売っているのを見てしまったのですよ。

ハイビジョンキャプチャーボードPV3

前々から注目はしてたのですが、極端な品薄ということで半ば諦めていたのですが、目の前で売っているのを見て思わず衝動買い。
(もちろん、このボードがハイスペックなPCを要求することは知っていたのですが、この時点では、「まぁ、Pen4 2.8GHzあれば、なんとか動かすくらいはできるだろう…」と余裕ぶっこいてました)

しかも、ウチにはPV3に映像を入力するためのD3出力付きのデジタルチューナーは無い。
(PV3の映像入力はD端子のみ)
このあたりは、とりあえず動くことを確認してからそろえようかな…と。

まず、動作確認できなければ話にならない。
とりあえずD3入力で動くかどうか確認のため、以下を試す。
(1)メインマシンのPen4 2.8GHzをテレビキャプチャ用サブマシンに移植
(2)サブマシンにPV3装着
(3)メインマシンのビデオカードをHDTV出力付きのものに入れ替え、サブマシンのPV3入力に接続

お、とりあえず、映ってる。
でも、画面が4分割で流れる。。。でもとりあえず録画ができる。

この「画面が4分割になって流れる現象」が、HDTV出力ビデオカード側の不具合か、映像方式が違う(洋モノビデオカードだから、きっと日本の方式と違うのだろう)と勝手に決めつけ、PV3やPC環境には問題ないと判断して、意気揚々と買いに行きました。

デジタルチューナー付きHDDレコーダーを。
…え?なんでかって?D3出力のあるデジタルチューナの代わりとしてですよ。

ハイビジョンキャプチャするためにハイビジョンレコーダーを買うっていうのに激しく矛盾を感じたりもしましたが、そこは考えたら負け。もう心は「あとはこれ(ハイビジョンレコーダー)さえあればPV3が動く!」と勝手に思いこんでいます。

で、買ってきました。東芝RD-XD71。ヨドバシでポイント込みで実質5万弱。
ハイビジョンレコーダーにしては安いほう。

早速繋いでPV3でプレビューONっ!

…あれ、例の4分割画面流れが発生してる…。
…あれ?ビデオカードのせいじゃなかったの??

ここまできてようやく情報を集める。
EARTH SOFT(PV3発売元)のFAQに、こんなのが…

『Q:映像が上下左右に分割され間にノイズが表示される
A:PCI バスの帯域不足により、データ転送が正常に行われていない状態です。

録画中のみ発生する場合は、HDD アクセス時に PCI バスの帯域が減少しないように
ハードウェア構成やドライバ設定を変更してみてください。

モニター時においても発生する場合は、入力する映像信号を 480i や 480p にして必要となる
PCI バスの帯域を減らすか、チップセットの異なるマザーボードでご使用ください。

なお、上下に分割された映像間のノイズのように見えるものは音声データです。 』

……ぴ、PCIの帯域不足…orz。
なんだよそりゃ。
CPUにハイスペックが求められる としか認識してなかったので、まさかそんな伏兵が居るとは…。

とりあえず、キャプチャ用サブマシン(キューブPC)からPV3とCPUを外し、メインマシンに移植。
メインマシンでPV3起動!

お、とりあえずプレビューで例の画面流れは発生せず。
んじゃ録画っ!

ぶちんっ!

…え?
…PC落ちた…。

録画先ドライブのデータが読み取り不能に…orz。
これじゃ怖くて使えない。。。

まぁ、普通なら、ここで電源あたりを疑って交換するのですが、だいぶ思考が暴走気味になってました。もうこうなったら、Core 2 Duoも出たことだし、心機一転新しいPC組むか!ってことになりましたとさ。

とりあえず、お金のことは考えない。考えると恐ろしい…。
PV3を『動かす』ためだけの投資がかなり莫大に…ガクガクブルブル。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック